FME

FME Server デモ

PSS

標高APIによる標高値の取得

Excel [メール添付] -> Excel, GeoJSON [メール添付]


メールの添付ファイルとして受信した地理座標 (緯度、経度) のリスト (Excelスプレッドシート) に基づき、国土地理院の標高APIによって各地点の標高値を取得してリストに追記するとともに、GeoJSON形式の3Dポイントデータに変換し、それらを添付したメールを返信します。


  1. このExcelファイル (form.xlsx) をダウンロードし、標高値を求めたい地点の座標(緯度、経度)を記入してください(最大20地点まで)。
  2. (FME Server 付属の受信専用 SMTP サーバーに設定したアドレス) あてに、記入済みのExcelファイルを添付したメールを送信してください。
  3. FME Server はメールを受信するとワークスペースを実行し、変換結果 (Excel, GeoJSON) を添付したメールを返信します。
  4. 数分経過しても返信がない場合は、メンテナンス等でサーバーが停止している可能性がありますので、しばらくしてから再試行してください。

ワークスペース.